あなたのための歯ぎしり治療

歯ぎしりの原因

歯ぎしりの原因としては、現在のところ絶対これが原因だということまでは解明していないようです。

 

かつては、よく噛み合わせがうまくできてないために歯ぎしりをしてしまうと言われていましたが、実際には噛み合わが原因の歯ぎしりはほとんどなく、癖や精神的なものの方が歯ぎしりの原因としては多いとされています。

 

近ごろでは、歯ぎしりをする原因で一番多いものはストレスではないかと言われているようです。

 

ストレスが原因で起こる歯ぎしりは、歯ぎしりをすることでストレスを解消しているのではないと考えられています。

 

歯を思いっ切り噛み締める食いしばりも、歯ぎしりと同様でストレスが原因となっていることが多いと言われています。

 

上手にストレスを解消するということも歯ぎしりする行為をなくす上では大事なことかもしれません。

 

その他には、喫煙や飲酒、カフェインを摂ることなども歯ぎしりの原因になるのではないかと言われているので、歯ぎしりを治したい人はこのようなものを摂らないようにするというのも効果があるでしょう。

 

歯ぎしりの原因は、一つではなくいくつかの要因が関連して起こることも多く、あっさりと治すことのできる行為ではないのも間違いありません。

 

歯ぎしりをそのまま放っておけば、歯をすごく悪い状態にしてしまうことも多いですので、マウスピースなどの歯を守る器具を使っている人もいます。

 

マウスピースは歯ぎしりを治療する専用のものではないため、付けたからといって歯ぎしりが完治するわけではありませんが、歯が磨り減ったり、割れてしまったりするということは予防できます。

歯ぎしりの原因関連エントリー