あなたのための歯ぎしり治療

子どもの歯ぎしり

大人が歯ぎしりをすると言ってもそれほどビックリするということはありませんが、子どもがガリガリと歯ぎしりをしているとおそらく「大丈夫かしら?」と気になって仕方がないことでしょう。

 

しかし、インターネットで「子どもの歯ぎしり」というキーワードを検索をしてみると、子どもでも大人と同様に歯ぎしりをしていることが思っているより多いことが分かります。

 

大人の歯ぎしりは、睡眠中や癖でしてしまうのでパートナーに注意されるということがなければ本人では案外気がつくことが出来ませんが、子どもの歯ぎしりの場合は母親など育児を担当している保護者が気付くことが多いでしょう。

 

大人が歯ぎしりをする理由の多くはストレスによるものと言われており、歯ぎしりはストレスを発散するためにしていると言われています。

 

ですが、子どもの歯ぎしりは大人の場合とは異なって、ストレスによって歯ぎしりをしているというケースはほとんどないようです。

 

子どもの歯ぎしりは特別に治療などをしないことが大部分ですが、場合によっては治療をしなければいけないケースもあります。

 

歯が磨り減ったりして歯を傷つける場合、顎の関節に無理が起きて痛みが出てきてしまうなどのトラブルが生じてくるときには治療しなければいけないので、小児歯科などで診察を受けるようにしましょう。

 

子どもが歯ぎしりが起こりやすい時期としては、保育園や幼稚園に行くなど生活環境が変化する頃や乳臼歯が生え始めて噛み合わせが安定しない頃などがあります。

 

多くのケースで、子どもの歯ぎしりは、環境に馴染んだり、歯が生え揃う頃には治まってくるそうです。

子どもの歯ぎしり関連エントリー