あなたのための歯ぎしり治療

赤ちゃんの歯ぎしり

生後6ヶ月頃の歯が生え始めたばかりの赤ちゃんでさえ、歯ぎしりをすることがあると言います。

 

この時期の赤ちゃんでは、寝ている時だけではなく、目が覚めている時にもギリギリと歯ぎしりをすることがあります。

 

年配の方などがその様子を見て「歯が生えかけているから、歯が痒いのね」などと言うこともあります。

 

ある説によると、このような赤ちゃんがする歯ぎしりはこれから生える歯のスペースを定めるためであったり、噛み合わせる顎の位置を固定させるために行っていると言われています。

 

このような歯ぎしりは、赤ちゃんの顎や歯が順調に発達する過程で必要なもののようです。

 

赤ちゃんが歯ぎしりをしていれば、大人の場合と同じように「もしかして、ストレスが溜まっているのかしら?」「歯が磨り減ってしまうのではないか?」と不安になってしまうこともあるでしょう。

 

けれど、赤ちゃんがする歯ぎしりは大人のみたいにストレスが原因になっていたり、直ぐに治療をする必要があったりするものは滅多にないと言われています。

 

赤ちゃんがする歯ぎしりは発育に必要なもので生理的であることから特に心配する必要はないでしょう。

 

それでも、もし気になってしょうがない時には乳歯が生え終えたころに歯科医に相談してみるといいでしょう。

 

2歳半までにはだいたい乳歯が生え揃ってきますが、その時期になっても歯ぎしりが治らないと大人の歯ぎしりと同じように歯が摩耗したり、欠けたり、歯の神経の炎症を起こすこともあるそうなので受診してみた方がいいでしょう。

赤ちゃんの歯ぎしり関連エントリー