あなたのための歯ぎしり治療

歯ぎしりで起こるトラブル

気付かないうちにしてしまう、歯ぎしり。

 

これを自分で自覚するのは大変難しいといわれています。

 

歯ぎしりの原因はまだ完全には分かっていませんが、ストレスせいだったり、かみ合わせが悪かったりと言われています。

 

自分で認識するのが困難な歯ぎしりですが、思っているより歯ぎしりをしている人は多く、ある調査によれば大人の8割ほどにブラキシズムの症状があるとの結果も出ています。

 

長期にわたって歯ぎしりを続けていると、お口の中に様々なトラブルが生じてきます。

 

第一に、歯ぎしりにより歯が磨れて減ってきます。

 

目が覚めているときとは比較にならないほどの力で歯ぎしりをするので、歯が欠けたり、割れたりということも起こってきます。

 

歯ぎしりをすると歯だけに限らず歯茎にも強い負担がかかることになり、歯茎の炎症や歯周病の促進という問題も発生してくるでしょう。

 

一方で、顎関節症の症状を持っている人ではいっそう悪化してしまう危険性もあります。

 

歯ぎしりは、寝ている時に強い力が口にかかっているため、朝起きても疲れが抜けていなかったり、偏頭痛や肩こりといった、口の中だけではなく身体の他の部分でのトラブルも生じたりします。

 

口の中や身体に様々なトラブルをもたらしてしまう歯ぎしりは、そばで寝ているパートナーに対してもたいへん迷惑になります。

 

歯ぎしりをしているということが分かった時には、歯ぎしりの治療をしてくれる歯科医院などで診てもらい細かく診察してもらうようにしましょう。

歯ぎしりで起こるトラブル関連エントリー