あなたのための歯ぎしり治療

歯ぎしりで起こる病気

歯ぎしりそのものは、何かの病が原因となって生じているものではありません。

 

歯ぎしりはストレスが要因となっていることがよくあり、そのストレスを解消するしようとして起こっている現象だと言われています。

 

また、貧乏ゆすりなどと似たように、自分では知らない無意識の間に行っている習慣でもあります。

 

ストレスなくすためや無意識の間の癖であることの多い歯ぎしりですが、その状態で放っておくと歯だけではなく身体のいろいろなところにトラブルが起こるようになります。

 

歯ぎしりせいで歯がひび割れたり、欠けたりということの他に、骨隆起(骨のふくらみ)などの症状も発生してきます。

 

この骨の盛り上がりは、歯ぎしりの力に抵抗することによって起こる骨の過形成だと言われています。

 

歯ぎしりのために起こる骨の隆起そのものは特別に治療をしなければいけないというものではありませんが、ゆくゆく入れ歯を作る時に支障が出た場合には外科的な処置をすることもあるようです。

 

歯ぎしりのせいで、身体の方に出てくるトラブルには顎の疲れや肩こりといったものがあります。

 

これは寝ている間に、目が覚めているときの数倍〜数十倍という強力な力が口にかかってしまうことにより、筋肉の尋常でない緊張が継続し身体が睡眠中にもリラックスすることができていないために起こります。

 

それに従って、偏頭痛や目の奥の方の痛みが出ることもあります。

 

この他に、歯ぎしりは睡眠時無呼吸症候群にも関与しているのではないかとの見解もあるので、歯ぎしりをしていることが判明したら一度病院に行くようにするといいでしょう。

歯ぎしりで起こる病気関連エントリー