あなたのための歯ぎしり治療

歯ぎしりの種類

朝起きた時顎がつかれていたり、歯が削れていたり、知覚過敏になったりという症状は分かっていても、その原因が歯ぎしりだとすぐに気付く人はほとんどいないでしょう。

 

寝ている間にギリギリ、ギシギシと歯をこすり合わせて音を鳴らす歯ぎしりは、またの名を「咬合神経症(ブラキシズム)」と言います。

 

歯をこすり合わせたりする咬合異常の癖を歯ぎしりと名づけていますが、歯ぎしりには3種類あると言われています。

 

まず、寝ている間に歯をすり合わせて音を出す歯ぎしりは、全体的に広く知られているもので、グラインディングと言われています。

 

これは、歯をこすり合わせて特有の音を鳴らすのと一緒に歯の消耗を起こてしまうものです。

 

睡眠中だけではなく、起きている間も常に歯を噛み締めたままでいる場合をクレンチングといいます。

 

これも歯ぎしりの中でも多いケースなのですが、グラインディングのように音を出すことがないので、周りが気付くのは困難で、さらも本人も自覚がないということもよくあります。

 

食いしばりや噛み締めを繰り返していると、歯茎が炎症になりやすくなったり、歯周病を促進させたりということが発生します。

 

また、歯をカチカチという音を鳴らせてぶつけ合わせる習慣で、タッピングという種類もあります。

 

これは、上でご説明した2つよりは起きる回数は少ないと言われていますが、歯ぎしりの一種です。

 

この3種類の歯ぎしりは、それぞれ一つずつ起こる時と、いくつかが重なって起こる場合があります。

歯ぎしりの種類関連エントリー