あなたのための歯ぎしり治療

歯ぎしりと歯周病

歯ぎしりが口の中に与える悪影響は、ダイレクトに歯に関わってくることばかりではないようです。

 

歯を強くこすり合わせることによって歯が磨耗したり、損傷したりという直接的な症状の他に歯ぎしりは歯茎の歯周病にも関連していると言われています。

 

歯周病のダイレクトな原因が歯ぎしりということではなく、歯ぎしりを行うことで歯周病の症状が悪くなったり、促進されることがあるようです。

 

歯ぎしりは、歯をこすり合わせて摩耗さすということだけではなく、歯を思いっ切り食いしばることによって歯茎に強力な負担をかけてしまいます。

 

もともと、歯周病で炎症がある歯茎に歯ぎしりによって強い力がかかってしまうと、より歯茎の炎症が悪化してしまうということが生じます。

 

また、、一層症状がひどくなり歯槽骨にまで圧迫が加わると、歯槽骨が壊れてしまうということにまで問題が及んでしまいます。

 

歯槽骨を損傷してしまうということは、つまり歯を失ってしまう危険がとても高まってしまうということになります。

 

たかが歯ぎしりと軽く見ていると、歯周病の症状を悪化させて、最終的には歯を失ってしまうという最悪の状態に陥ってしまうこともあるでしょう。

 

また、歯ぎしりは顎関節症を引き起こしたり、睡眠時無呼吸症候群に関連しているのではないかと言われています。

 

歯周病を患ってて、歯ぎしりの習慣もある人は、大切な歯の健康を守るためにもできるだけ早く歯科医での治療を受診するようにしましょう。

歯ぎしりと歯周病関連エントリー