あなたのための歯ぎしり治療

歯ぎしりの治療法エントリー一覧

歯ぎしりの治療
歯ぎしりは、歯が削れる、歯が欠ける、ひどくなると歯が折れるなどの口腔内トラブルを生じてしまうものなので、可能ならば歯ぎしりをしないように治療を受けておきたいものです。歯ぎしりをしてしまう原因としては、歯の噛み合わせが良くないということもあります。歯が抜けた場所があるのにそのまま治療しないでいるというのは、歯の噛み合わせにとっては悪い影響を与えてしまいます。その他にも、虫歯が痛い場合には痛みがある側をかばって物を噛んだりするので噛み合わせのズレができてしまうこともあるでしょう。虫歯の治療が終わって...
歯ぎしりの自己チェック
歯ぎしりは睡眠中に知らないうちにしてしまうことなので、自分で歯ぎしりを自覚するというのはとても困難なことです。ほとんどの場合、人に言われて「自分は歯ぎしりをしていたのだ」と認識することでしょう。寝ている間の歯ぎしりを確認することはできませんが、目が覚めている時にできる自己チェックがあります。自然に口を閉じた状態のとき、上下の歯がお互いくっついていないかどうかを確かめます。この時に、歯がくっついてしまっていると、歯ぎしりの1種の噛み締めという症状にあるということがわかります。この噛み締めは、仕事の...
歯ぎしりの治療を受けられるところ
歯ぎしりの治療を受けられるところといえば、一番はやはり歯科医院などの歯の治療をしてくれる病院があるでしょう。歯科医院では、歯の噛み合わせの調節や虫歯の治療、かぶせてある金属の形が合っていないなどの歯ぎしりの要因となるトラブルの治療をします。さらにそれらをしても歯ぎしりの現状が良くならない時には、ナイトガードやマウスピースと言われる上下の歯を保護するためのものを作ることになります。このマウスピースは市販のものも販売されているみたいですが、やはり自分の口にピッタリのものをオーダーメードで製作してもら...
歯ぎしりの治療にかかる費用
歯ぎしりをしていることを認識して、歯にも身体にも悪いということが納得できれば次は、歯ぎしりの治療を始めることになるでしょう!実際に治療を開始しようと思う時には、歯ぎしりの治療費がどのくらいかかるのか、保険の適用は付くのかどうかといったことが気になってきますね。結論から言いますと、歯ぎしりの治療費は健康保険の適用となります。歯ぎしりの治療のためにするレントゲンや虫歯治療など、健康保険証を持参して歯科医院を受診すると、個々の負担割合(多くの場合は個人負担3割)での保険診療を受診することができます。ま...
意識改革による歯ぎしり治療
歯ぎしりの症状をよくさせるためには、最初に口元の硬直を解き、リラックスさせることが肝心になります。上下の歯と歯は通常の状態では触れ合うことはないのですが、歯ぎしりの習慣のある人の場合は日頃からくっついてしまいます。そんな風に上下の歯がくっついてしまっている状態は、口だけではなく身体にとってもよいことではありません。歯ぎしりをしている間は、身体に緊張が持続することになります。神経にも間違った信号が伝わって脳も休息することができず、副交感神経へのストレスも続くのでリラックスできずにいます。歯ぎしりを...
歯ぎしりに効くツボ
東洋医学の治療方法としてよく知られているツボは、全身に張り巡らされています。個々のツボには「反射駆」と言って、刺激を与えると反応が現れる場所が決まっています。肩の根元と肩先の中間点にある肩井(けんせい)というところは肩こりに効果があり、首の後ろの髪の毛の生え際のくぼみにある風池(ふうち)というところは頭痛に効果があると言われています。それと同様に、歯ぎしりに効果的なツボもあるようです。あまり歯ぎしりの治療のためだけに鍼灸院などに通う人は少ないため、歯ぎしりが改善されるツボを知っている人は極めて少...
歯ぎしりとマウスピース
マウスピースは、いびきの予防や顎関節症、歯列矯正などでも使用されていますが、歯ぎしりの防止のためにもよく使用されるものです。マウスピースはインターネットショップ等でも売られていますが、自分の歯型にピッタリのものの方が使用感の悪さも少なく着けることができるでしょう。歯ぎしりの防止として使われる医療用マウスピースは、歯ぎしりをすることにより歯が損傷するのを防ぎ、ギリギリという歯ぎしり独特の音を抑えるために使われます。歯ぎしり治療用のマウスピースには、2oほどの厚みがあります。歯ぎしりを防止するための...
歯ぎしり予防アイテム
歯ぎしりを防止するためのアイテムで特に知られているものは、就寝中に口の中に入れるマウスピース(ナイトガード)でしょう。歯科医院で自分の歯に合った形に型を取って作製するものの他、市販の商品で手軽に自分に合ったマウスピースが作製できるというものもあります。歯ぎしり防止のために使用するマウスピースは使い捨てであるため、傷みがひどくなったり、歯にぴったりしなくなったときには作りなおす必要があります。だいたい2年くらいで作りなおす時期が来るようです。保険の適用が利くマウスピースはすぐに利用することができる...
歯ぎしりの予防
歯ぎしりが口や身体にとって悪いことだと分かっていたとしても、睡眠中や無意識の癖で行っていることがほとんどなので自分の意志だけでやめるということはすごく難しいでしょう。そんな歯ぎしりを防止するのに役に立つものは、睡眠時に口の中に装着するマウスピースです。歯ぎしりを予防するためのマウスピースは、本人の口のサイズや状態によってタイプが異なってくるので、歯ぎしりの治療をしてくれる歯科医院で作ってもらわなければいけません。フィットしないマウスピースを使用していると違和感を感じて反対にストレスがかかってしま...
歯ぎしりくん
歯ぎしりを防止するために歯科医院などでマウスピースを作製する人もいますが、もっと気軽にインターネットなどでマウスピースの様なものを買う人も多いようです。歯ぎしりを防止してくれるグッズの「歯ぎしりくん」は、東急ハンズや楽天市場の通販などでも手に入れることができます。歯ぎしり予防アイテムの歯ぎしりくんは、家で簡単に自分の口に合ったものが製作できるということでよく売れているアイテムです。ぴったりフィットする歯ぎしりくんの製作方法はすごく簡単です。まず、60〜62℃のお湯の中に歯ぎしりくんを浸けます(4...