あなたのための歯ぎしり治療

歯ぎしりとマウスピース

マウスピースは、いびきの予防や顎関節症、歯列矯正などでも使用されていますが、歯ぎしりの防止のためにもよく使用されるものです。

 

マウスピースはインターネットショップ等でも売られていますが、自分の歯型にピッタリのものの方が使用感の悪さも少なく着けることができるでしょう。

 

歯ぎしりの防止として使われる医療用マウスピースは、歯ぎしりをすることにより歯が損傷するのを防ぎ、ギリギリという歯ぎしり独特の音を抑えるために使われます。

 

歯ぎしり治療用のマウスピースには、2oほどの厚みがあります。

 

歯ぎしりを防止するためのマウスピースは歯科医院などで製作することが可能で、保険も適用されます。

 

マウスピースを製作するためには、始めに、歯科医院に行き歯型を取ってもらいます。

 

それを基にしてマウスピースを製作し、実際に口に装着してみてそれから微調整を行っていきます。

 

歯ぎしりを予防するためのマウスピースには柔らかい素材のものと、硬い素材のものがあります。

 

この素材は人それぞれの歯ぎしりの状態や噛み合わせの加減によって選択されます。

 

マウスピースを着けることは、歯ぎしりのために歯が傷んでしまうのを防止する効果がすごく高い方法ですが、マウスピースを着けている時の時の違和感を述べる人も多くいるようです。

 

違和感がある時にはしっくりしていないところを削るなど、歯科医院で微調整をしてもらうことで良くなることもあります。

 

ですが、基本的にはマウスピースを入れた状態に慣れる以外に方法がないので、どうしても慣れないということでせっかく製作したマウスピースを止めてしまう人もいます。

歯ぎしりとマウスピース関連エントリー