あなたのための歯ぎしり治療

歯ぎしりの治療にかかる費用

歯ぎしりをしていることを認識して、歯にも身体にも悪いということが納得できれば次は、歯ぎしりの治療を始めることになるでしょう!

 

実際に治療を開始しようと思う時には、歯ぎしりの治療費がどのくらいかかるのか、保険の適用は付くのかどうかといったことが気になってきますね。

 

結論から言いますと、歯ぎしりの治療費は健康保険の適用となります。

 

歯ぎしりの治療のためにするレントゲンや虫歯治療など、健康保険証を持参して歯科医院を受診すると、個々の負担割合(多くの場合は個人負担3割)での保険診療を受診することができます。

 

また、歯を保護するために就寝中に装着をするナイトガードやマウスピースといわれるものも、保険診療で作ってもらうことができます。

 

原料等によっても違いはあるようですが、健康保険の自己負担が30%の人で、ナイトガードやマウスピースを5,000円〜6,000円ほどで製作することができるようです。

 

しかし、歯ぎしりをしてしまう要因としてストレスが主な原因の場合には精神安定剤を用いることもあり、歯並びが原因であるなら自費診療の歯列矯正をすることもあるなど、各歯科医院によって治療方法や治療費には違いがあります。

 

歯ぎしりの治療を受診しようと考えている歯科医院がどのような治療方法を行っているのか、治療に必要な費用はどのくらいになるのかなど、初めに尋ねておくと後でトラブルになることが少ないでしょう。

 

歯ぎしりの治療を受診する病院を決定するときには、治療費の額だけで考えるのではなく、担当医師の治療方針や意見なども確認してから決めるようにしましょう。

歯ぎしりの治療にかかる費用関連エントリー