あなたのための歯ぎしり治療

歯ぎしりの予防

歯ぎしりが口や身体にとって悪いことだと分かっていたとしても、睡眠中や無意識の癖で行っていることがほとんどなので自分の意志だけでやめるということはすごく難しいでしょう。

 

そんな歯ぎしりを防止するのに役に立つものは、睡眠時に口の中に装着するマウスピースです。

 

歯ぎしりを予防するためのマウスピースは、本人の口のサイズや状態によってタイプが異なってくるので、歯ぎしりの治療をしてくれる歯科医院で作ってもらわなければいけません。

 

フィットしないマウスピースを使用していると違和感を感じて反対にストレスがかかってしまいます。

 

けれど、自分の口にピッタリに作ったマウスピースであったとしても、夜、口の中に物を入れた状態で眠ることができないという人もいるようです。

 

それ以外で簡単にできる歯ぎしりの防止策としては、睡眠時の体勢を工夫するということがあります。

 

枕が身体にぴったりじゃなく、高すぎたりすると歯ぎしりをする可能性が強いと言われています。

 

歯ぎしり防止のためには、枕を低めのものに変えて、首の付け根まできちっと枕に乗せ、上向きで寝るといいようです。

 

また、就寝前に頬や顎の筋肉を揉みほぐすつもりでマッサージして、筋肉をリラックスさせるというのも歯ぎしり予防になる一つの方法だと言われています。

 

完璧に歯ぎしりを治療して治すことはとても困難なことですが、自分自身で自己暗示をかけるというのも歯ぎしりを軽減させたり、予防したりするのに有効だそうです。

 

布団に入る前に「奥歯をかみ合わせない」「歯ぎしりはしない」と唱えたり、イメージをしたりすることで予防効果が出てきます。

歯ぎしりの予防関連エントリー