あなたのための歯ぎしり治療

歯ぎしり予防アイテム

歯ぎしりを防止するためのアイテムで特に知られているものは、就寝中に口の中に入れるマウスピース(ナイトガード)でしょう。

 

歯科医院で自分の歯に合った形に型を取って作製するものの他、市販の商品で手軽に自分に合ったマウスピースが作製できるというものもあります。

 

歯ぎしり防止のために使用するマウスピースは使い捨てであるため、傷みがひどくなったり、歯にぴったりしなくなったときには作りなおす必要があります。

 

だいたい2年くらいで作りなおす時期が来るようです。

 

保険の適用が利くマウスピースはすぐに利用することができる歯ぎしり予防アイテムですが、現在虫歯などの治療を行っている人、入れ歯の多い人や、鼻に疾患があって鼻呼吸がうまく行うことができない人などはマウスピースが使用できないことがあります。

 

マウスピースのほかに歯ぎしり防止アイテムには、メタルキャップというものがあります。

 

メタルキャップとは、歯にはめ込んで使用するもので、たいへん小さい器具のため違和感も小さく、マウスピースよりも馴染みやすいというメリットがあります。

 

メタルキャップはマウスピースと違って、長い期間の歯ぎしりに耐えられる金を使用して作られているので、頻繁に作り替えなくて大丈夫なのです。

 

ですが、メタルキャップは保険適用ではないためかなりの費用がかかります。

 

自費診療でする歯ぎしり治療ですので、歯科医院によってメタルキャップの価格は違っています。

 

治療をする前に費用額を聞いておくといいでしょう。

歯ぎしり予防アイテム関連エントリー