あなたのための歯ぎしり治療

歯ぎしりに効くツボ

東洋医学の治療方法としてよく知られているツボは、全身に張り巡らされています。

 

個々のツボには「反射駆」と言って、刺激を与えると反応が現れる場所が決まっています。

 

肩の根元と肩先の中間点にある肩井(けんせい)というところは肩こりに効果があり、首の後ろの髪の毛の生え際のくぼみにある風池(ふうち)というところは頭痛に効果があると言われています。

 

それと同様に、歯ぎしりに効果的なツボもあるようです。

 

あまり歯ぎしりの治療のためだけに鍼灸院などに通う人は少ないため、歯ぎしりが改善されるツボを知っている人は極めて少ないでしょう。

 

歯ぎしりの症状をよくするために中国では、四白や陽白、蘭尾(らんび)などのツボ刺激して治療を行います。

 

歯ぎしりのツボの蘭尾は、足の三里(向こう脛の骨の外側を膝から9pほど下がったところにある凹んだ箇所)から下に6pほどのところで、刺激を与えると強く痛む箇所になります。

 

四白や陽白は顔に存在するツボで、眉の中心から上に約3p上に上がった場所と、目の中央部分から下に下がり頬骨の上の凹んだところにあります。

 

また、歯ぎしりの原因になっているものの多くはストレスだと言われているので、精神安定に効果的なツボを刺激するというのもいいでしょう。

 

歯ぎしりを治療するツボでないのですが、こめかみや首のツボを押すことでも症状が軽くなることもあるようです。

 

歯ぎしりをしてしまう人は、耳の下に存在するえい風や完骨にひどいコリが生じているので、この部分のコリをほぐしてあげることでかなり楽になるようです。

歯ぎしりに効くツボ関連エントリー