あなたのための歯ぎしり治療

歯ぎしりの治療

歯ぎしりは、歯が削れる、歯が欠ける、ひどくなると歯が折れるなどの口腔内トラブルを生じてしまうものなので、可能ならば歯ぎしりをしないように治療を受けておきたいものです。

 

歯ぎしりをしてしまう原因としては、歯の噛み合わせが良くないということもあります。

 

歯が抜けた場所があるのにそのまま治療しないでいるというのは、歯の噛み合わせにとっては悪い影響を与えてしまいます。

 

その他にも、虫歯が痛い場合には痛みがある側をかばって物を噛んだりするので噛み合わせのズレができてしまうこともあるでしょう。

 

虫歯の治療が終わって金属などの補綴物を詰めてる場合でも、詰め物の形が合っていないというのでは、当然噛み合わせのズレの原因になってしまいます。

 

このような状況で歯ぎしりをしてしまうという人のケースでは、当てはまる症状に適正な治療を施すことで歯ぎしりが良くなっていくこともあります。

 

歯の噛み合わせを正しい状態に治すことで歯ぎしりを治療する方法を、噛み合わせ療法と言います。

 

これ以外の歯ぎしりの治療法には、噛み合わせ療法と歯に無理を与えない装置を用いて行う歯ぎしり矯正、顎にボツリヌス菌を注射して筋細胞を壊すことによって歯ぎしりを治す方法などもあります。

 

睡眠中に起きている歯ぎしりの治療は歯科大や歯科医院などの歯科医師によって行われますが、昼間、起きている時に歯ぎしりをしてしまうという人は、歯科にかかるのではなく心療内科での治療が必要なこともあるようです。

歯ぎしりの治療関連エントリー